ごあいさつ

(有)ハマナ技研は昭和63年の創業以来、超硬合金を主体にした
産業用刃物の製造を主力とし、事業を拡大してきました。

超硬合金は、タングステンカーバイト・コバルト合金が主体であり
主に切削・耐磨耗・耐衝撃工具などに用いられる高硬度・高強度合金です。

硬度はダイヤモンドに匹敵し、断絶加工を必要とする
切断・裁断機などに幅広く利用されており、他の材質と比べ耐久性・耐欠損性が極めて高いため
ユーザーのコストダウン及び生産性の向上に寄与しています。

しかし、超硬合金は硬度が高い故に、加工が困難で精度が出しにくいという欠点がありますが
(有)ハマナ技研では長年培った経験と、卓越したノウハウで高精度の製品加工を実現しています。

今後も産業界は生産革命の進展により、機械加工を取り巻く環境は
高能率・高精度・低コストといった要求が更に高まってく傾向にあるため
よりいっそうの企業努力と研究開発で、更なる加工能率向上・精度向上を提案し
トータルツーリングサービスの確立を目指します。
有限会社 ハマナ技研  代表取締役 佐藤英美